教員養成機能の充実プロジェクト


教員養成機能の充実プロジェクトは,平成24年度東京学芸大学特別経費「大学と附属学校の連携強化による創発型教員養成コミュニティの形成」,平成25年度東京学芸大学特別経費「情報通信技術活用による教員養成機能の高度化と教育の情報化に対応できる教員の養成体制の構築」を元に,附属学校及び地域の学校との連携強化による創発型教員養成コミュニティの形成を目標とし、附属授業の遠隔観察やeポートフォリオの活用による教員養成機能の高度化と、教育実習でのICT活用・情報教育実践を中心とする教育プログラムの実施体制の確立を目指すプロジェクトの総称です.

公式サイト:http://mc.u-gakugei.ac.jp/project/
Facebook Page:https://www.facebook.com/ictbyyousei/

  • 教員養成機能の充実プロジェクト専門技術職員の取扱いについて [PDF]
  • 教員養成機能の充実プロジェクト推進委員会規定 [PDF]
  • 教員養成機能の充実プロジェクト推進委員会名簿 [25年度] [24年度]
(推進委員会は学内予算に移行した平成26年度以降は設置しておりません)

遠隔授業観察

遠隔リアルタイム授業観察・収録映像活用プロジェクト(通称,遠隔授業観察)では,附属学校の授業や教育実習を大学からリアルタイム及びオンデマンドで観察するための仕組みを利用し,授業観察,授業研究.大学教員による教育実習の参観や実習校教員との協働指導を充実することで、教育体制の質向上を図っています.

IMG_1826_740.jpg IMG_1824_740.jpg

 


eポートフォリオ

授業観察・評価記録システム活用プロジェクト(通称eポートフォリオ)では,授業観察,授業案作成,授業実践及びそれらの自己・相互・教員評価を体系的に記録できる環境を利用し,教員養成のPDSAサイクル各段階の高度化と共に,教員養成の総まとめとなる教職実践演習の充実を図っています.


教育情報化対応

教育の情報化に対応できる教員の養成機能の充実プロジェクト(通称,教育情報化対応)では,附属学校及び地域公立学校における教育実習でのICT活用と情報教育の活性化を中心とし,事前・実習中・事後の指導を通しての教育情報化実践力を育成する教育プログラムの開発とその実施体制及び支援体制を確立し,教育の情報化に対応できる教員の養成機能の充実を図っています.

IMG_1712_730.jpg IMG_1867_730.jpg IMG_1874_730.jpg


ニュース一覧

協力校小平七小の谷川先生のインタビュー記事が掲載されました

 

プロジェクトに協力いただいている小平七小の谷川先生のインタビュー記事が毎日新聞に掲載されました.http://mainichi.jp/shimen/news/20150428ddm013100030000c.html(実践センター 加藤直樹)

Posted by 教員養成機能の充実プロジェクト on 2015年4月30日